Keiの気ままな~朝散歩~日誌

気が向いたとき、歩きながら思い浮かんだことを綴っています。

「たぬき」に遭遇した

 5時18分、玄関を出るとさわさわと音を感じる。雨?、手をかざしてみるが雨は降っていないようだ。きょうの最低気温は11℃、昨日今日と少し暖かい。地面に落ちた枯れ葉がカシャカシャ、カシャカシャと乾いた音を響かせる。風が出ているのだ。

 堤防土手下の遊歩道を歩いていくと、前方に何か黒いものが二つうごめいている。黒猫かな。…このあたりに黒猫が一匹いるのがわかっているので、あれ、仲間がいたのかとふと思う。

 暗がりだからよく見えないが、さらに歩いていくと、時々立ち止まってこちらを振り返って、また小走りで離れて行く。「チェッチェッ」と呼びかけるとちょっと立ち止まってこちらを振り返りすぐにまた離れていく。猫にしては動きが少し違うようだし、少し大きめな感じだ。

 さらに距離が縮まると2匹は道の脇に逸れて行く。外灯などの薄明かりに振り返った顔が浮かび上がる。全体の黒っぽい体に目のあたりが白く、なんともかわいらしい。あっ、「たぬき」だとはっきりわかる。

 えっ、河原にたぬきがいるなんてちょっとした驚きだ。2匹のたぬきはまた暗闇の中に消えていった。

 

ウオーキングと血圧

 きょうもよく晴れて、朝焼けの曙は美しい。最低気温は8℃、寒さがちょっぴり身に染みる。

 寒さから逃れようとより速足で歩く。以前は運動すると血圧が上がると誤解していた。上がるのは脈拍で、血圧は身体を動かすと下がるようだ。特に適度な有酸素運動、速足でのウオーキングがいいらしい。きょうも時々意識して背筋を伸ばして速足で歩く。

 河川敷の階段にいつもきまって白茶ぶちの野良猫が佇んでいる。いつも誰かが餌(キャットフード)をあげているので飼い猫のように人なれしている。でも初めての人には警戒心があって近づくと逃げ出す。

「チュツチュツ」と声かけると、餌を持っていない私にはすました顔して「ミャー」と一声だけ答える。ときどき首を撫でてあげると、足に絡みついて甘えてくる。見た目は華奢だが意外とがっちりした体つきである。

 駅前のコイン駐車場跡は、今月の初めには、はがされた表面のアスファルトがひとかたまりまとめられ、重機が停まっていたが、きょうは、すでに仮囲いが建て掛け始められていた。工事看板がまだないのでわからないが、きっとビルが建つのだろう。

 

 

秋の深まり

 外へ出ると、冷気が眠っていた身体を一気に目覚めさせて、軽いめまいような錯覚を覚えます。きょうの最低気温は8℃、昨日から最低気温が一桁台となって秋がしだいに深まってきたようです。

 空を仰ぐと、いびつになりかけた月が黄色く光り、すぐそばにオリオンの星座がど~んと横たわって大きく見えます。

 東のかなたには、点々と街の明かりが灯っていて、黒い雲が横一面に覆いかぶさり、その上にピンクや黄色、青のグラデーションが明るみを増して、よく晴れた灰青色に覆われた大空に溶け込んでいきます。

 ふと気が付くと、吐く息がうっすらと白く見えました。日を追うごとに夜明けが遅くなってきていて、寒い季節がしだいに忍び寄ってきます。

 戻るころにはあたりはだいぶと明るくなってきて、頭上の月はまだ黄身を帯びて輝いていますが、もう星はすっかり姿を消して見えません。

撮影クルーに出会った

 あたりは薄暗く手元にライトを光らせて歩きます。今日の最低気温は10℃、さすがに薄物のカーディガンは寒さを通してしまいます。東のかなたが紅色に染まって、きょうもよく晴れた日になりそうです。

 今月初め、気が付くと駅前にあったコーンパーキングはいつの間になくなっていて、料金ボックスやゲートがあとかたもなく撤去されてしまった広いアスファルトの空間は殺伐とした印象を与えています。契約期限が先月で切れて更新しなかったのでしょうが、何かビルが建つのか予定があるのでしょう。

 駅前のホテルは明日がオープンで灯された明かりも輝いているような気がしてきます。

 いつもの散歩コースを折り返して帰る途中の川の堤防の上り口に近づくと、堤防の歩道に若者たちが集まっているようで頭がいくつも覗きます。朝早くからみんなでわいわいやってきたのかな?…堤防に続く坂道を上っていくと新体操のリボンの練習をしているのか白い服装の中高生くらいの女の子が踊っているのが目に入ります。

 段々と近づいていくとどうやら撮影をしているようです。何かの青春ドラマの撮影かもしれません。カメラを覗いてなにやら指示を出しているような人が監督なのか?四角いレフ板を掲げて照らしているスタッフもいます。その他何人ものスタッフや同級生役とみられる女の子たちが周囲を取り囲んでいます。

 撮影中の少し前を背にしながら橋のほうへ歩いていきますが、歩く姿がカメラにとらえられたのかもしれません。人のいない早朝をめざして、夜明け前の早い時間に集合してきたのでしょう。撮影に取りかかるまでいろいろと大変でしょうね。

f:id:kei4901y:20181027104056j:plain

  このあたりのあちこちでときたま撮影クルーがやってきます。3年程前に公開された「ピンクとグレー」という映画の冒頭シーンもこの付近で撮影されていました。今ではすごく有名になった若手俳優が主演をしていた青春映画でしたね。

 もうすっかり明るくなってきたので、歩きながら手元のライトをそっと消します。

 

10月なのに真夏日

 きょうは目覚めるともう6時過ぎ、外はすっかり明るくなって、さんさんと日が照っています。3連休の真ん中で、外を歩いている人も多い気がします。

 きょうの最低気温は22℃。朝から暑いですが、湿度が低いので真夏の暑さほどムシムシしません、やはり秋ですね。‥‥最高気温は32℃と何と10月にしては記録的な暑さになりそうです。

 結局、朝散歩はお休みして夕方散歩に出かけました。真夏日となったきょうは、家族連れやら、いつもは閑散とした遊歩道に多くの人々がのんびりと歩いています。沈みゆく夕日をバックに写真を撮っている人もいます。

休日らしい光景です。

台風一過の朝

 大型で非常に強い勢力を保った台風24号が日本列島を縦断していきます。

 昨夜遅くから、時折ゴーゴーと音を立て樹々の枝が大きく揺さぶられ今にも折れそうで、非常に強い風に恐怖を感じるほどです。雨も激しく降っていて時折たたきつけるように降り注ぎます。

 朝の散歩に外に出ると、足早に未明に通過していったようで、あちこちに木々の葉が散乱して、地面にはだれのものともわからないサンダルが片方転がっています。駐車禁止用に置いてある鉄製の重たい車止めが無残にもひっくり返っています。台風の激しさが垣間見えるようです。

 きょうの最低気温は23℃、台風の影響で真夏に逆戻りの様相となり、最高気温32℃の真夏日になるようです。時折強い風が吹いたりしますが、東の空のたなびく雲が紅色に染まって清々しい朝です。

 川は水かさを増し、川幅いっぱいに拡がって、濁流となって流れていきます。目を凝らすと吸い込まれそうになり、ふっと目をそらします。

 

 

「JUGEM」から「はてな」に引っ越してきました

前々から思っていたブログの引っ越しをしました。

 

下記のサイトを参考にしました。大変参考になり助かりました。

ありがとうございます。

JUGEMからはてなにお引越ししたよ~

JUGEM管理画面]から設定→インポート・エクスポートで、エクスポートして[ JUGEM-XML ]形式で書き出しダウンロード

JUGEM形式のブログデータをMovableType4形式に変換 

エクスポートファイルの指定

エクスポートしたJUGEM-XML形式の)ファイルを指定して下さい 

 XMLファイルをMovableType4(MT4)形式に変換してダウンロードするとmt_××××××(×には数字が入ります)というファイルができました。

はてなブログにファイルを指定してインポート。引っ越しが完了しました。

 

しばらくブログ更新していませんでしたが、またぼつぼつ始めたいと思います。

今年は、猛暑・豪雨・暴風・地震が相次いで、あちこちで甚大な被害に見舞われています。痛ましい限りです。何かが狂い始めているのでしょうか?

ちなみに今現在、超大型台風24号が猛烈な暴風雨を伴って早い速度で日本列島を縦断しているところです。各地での被害ができるだけ被らなければいいのにと、通り過ぎるのを待つばかりです。